社員紹介

自分の個性を大事にしたい人ほど、当社の環境はマッチするはずです
営業三部二課
小栗大孟オグリヒロタケ
2006年入社
東京理科大学 理工学部 卒業
  • Q. 朋和産業を選んだ理由を教えてください

    A. 就職活動当時、会社を選ぶ条件はふたつありました。ひとつは実際にカタチになって手に取れるような物作りの仕事に携わりたいということ。もうひとつは、当時私は大学の理工学部経営工学科で統計学を学んでおり、そこで得た数値管理の知識を活かせる仕事に就きたいということでした。

    朋和産業は企画、製造、販売まで一手に担っているため、物作りに携われる機会が多いことと、自社に工場を持っていることから生産管理などで統計学を活かせるのではないかと思ったことが大きな決め手でした。
    それに加えて製造だけでなくデザインの提案など、私が学んでこなかった分野にもチャレンジすることができる環境だったことも魅力でした。こういった私にとっての好条件が重なって、最終的に朋和産業に就職することを決めました。

  • Q. 現在の仕事内容を教えてください

    A. 現在は営業三部に所属しております。自社の代表としてお客様との窓口に立つことが営業の役割です。朋和産業の営業は企画、製造、販売、すべてのラインをコーディネートし、マネジメントする重要な役割です。このような多岐にわたる業務エリアを把握し、お客様に提案する能力を求められるので、9年目の今でも日々勉強しながら業務を進めています。

    私自身はコンビニエンスストアなどに流通するカップデザインの業務に多く携わっております。テンポの速い業界であるためデザインが日々変わることが多い上に、納期に関しても当然ながら、妥協はできません。そのため、デザインの立ち上げからお客様とさまざまな交渉を行い、よいデザインを作りつつ納期を厳守するために、工場を含めてあらゆる方面に目を配りながらコントロールしています。

  • Q. 仕事のやりがい、将来の目標を教えてください

    A. 自分が携わった商品が店頭に並び、実際に手に取れることは充実感を覚えますし、当社の業務はその機会に恵まれた仕事だと思っています。店頭で多くの方が手に取ってくださったり、場合によっては地上波でCMが放送されることもあり、それは直接モチベーションに繋がっています。

    当社の仕事は食品のみならず、飲料、化粧品やトイレタリー商品まで、非常に多岐に渡ります。そういった今まで知らなかった世界の幅広い商品に触れられることも魅力ですし、新しい業界、新しい製品について日々勉強をしていくことで、新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができることも魅力です。

  • Q. 就活生へメッセージをお願いします

    A. 当社で働いてみて、個性を存分に発揮して仕事をしている人が多いと感じます。それは仕事で積み重ねた個性を認めてくれる社風が当社内にあることが理由だといえます。今どういう仕事をしようかと迷っている人や、自分の個性を大切にして仕事をしたい方には、個性をベースにし、そこから培った自分の能力を発揮して社会に貢献できる、当社のような環境を是非おすすめいたします。