基本環境理念

地球環境を守るために

私たちは地球環境に配慮した経営を実践することが企業の持続的発展に不可欠であるとの認識に立ち全社をあげて環境保全活動に取り組んでおります。

環境方針

1. 環境保全に配慮した事業活動を行う

軟包装資材の製造にともなう資源及びエネルギーの消費や、発生する廃棄物及び排出物がもたらす環境への影響を考慮し、 次の課題への取り組みを通じて環境保全に配慮した事業活動を行う。

  1. 省エネルギー化の推進
    2015年度の全事業所合計エネルギー原単位及びCO2排出原単位を2005年度比10%削減する。
  2. 省資源化の推進
    原材料・副資材ロスの削減、廃棄物リサイクルの推進など
  3. ペーパーレス活動の推進
    電子ファイル化によるペーパーレス
2. 環境保全活動に向けた体制づくりを進める
  1. 「環境ISO委員会」を中心とした社内全体の環境マネージメントシステムを構築し、 環境に関わる管理体制を強化して、継続的な改善と環境汚染の予防を図る。
  2. 環境保全活動の推進にあたっては環境目的・目標を設定し、年一回のマネージメントレビューで目標達成度の確認、活動の見直しを行う。
3. 環境に関わる法規制の遵守を徹底する
環境に関わる法規制、業界基準、協定、自主基準を遵守して、環境保全に取り組む。 (省エネ法、大気汚染防止法、水質汚染防止法、廃棄物処理法、容器リサイクル法、PRTR法 など)
4. 広報・啓蒙活動を推進する
  1. 社内の掲示、朝礼、ミーティング等で本方針を従業員に周知徹底し、環境保全活動に向けての意識向上を促す。
  2. 当社の事業活動に関わる外注・調達先及び請負先にも、本方針を伝達して周知徹底を図る。
5. 情報開示および環境保全活動による社会貢献を進める
(1)環境方針をホームページ等で社外に公開し、社会とのコミュニケーションを図り、環境保全活動を通じ社会貢献に努める。